忍者ブログ

Operation Empty

ありきたりな好きな音源感想紹介のブログ。 メロディック/ポップパンク/イーストベイ/UKメロディック中心。                                      ディストロは画面右側のリンクから!                                                          since 2007 1.27

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PARASITES (Single)

PARASITES
90年代泣きメロディポップパンクの大御所。シングルを中心に。
http://www.myspace.com/officialparasites


PARASITES  Where The Kids Are E.P.7inch
260580b9.jpg1990年のElectrified Hair Recordsリリースの3rdシングル。Ronnie が在籍している時の音源とあって荒削りな内容です。この音源の「I`m so happy now」が一番ポップで良い。でも録音状態も良くないしDaveの声も甘さが足りない。この頃は、力強いパンクロックでいう雰囲気が強い。Parasitesの持ち味の涙チョチョ切れる青春ポップパンクのスタイルにはまだまだ遠い。これ以前のシングルも欲しいけど大金払ってまで買う内容でないだろうから迷います。でも欲しい。


PARASITES  Live Nightmares7inch (Split Mourning Noise)
18807da9.jpg
1990年のMourning NoiseとのSplit 7’Ronnieがメインでボーカルをとっている「My Nightmare」でのDaveのコーラスが元気で良い。Daveの歌声この頃から出来上がっていて良い声してますよ。でもやはり哀愁ポップパンクになるのは、まだこれからといった感じ。Ronnie が作る曲はどうもラフで力強い。DaveボーカルのI Don't wanna go out with you 」もチープな録音で聴けます。Parasites3曲収録。


PARASITES  Last Caress7inch
2f9f7be9.jpg1991年のShredder Records からの7inchMisfits のカバーの「Last Caress」と「Fool for you 」を収録。「Last Caress」は原曲を聴いたことないけど、オリジナルの方がカッコよさそうなくらいな印象。「Fool for you 」はデモバージョンで収録されていて、チープで親近感が持てました。また曲自体の懐かしさを感じるメロディが良い。3rdアルバムのPairで録音状態の良い「Fool for you」が聴けます。デモバージョンで7inch作るお気軽感がすごい。

 
PARASITES  En Homage aux Beatles7inch
04565a8d.jpg1991年のShredder Records リリースの7inch。このシングルはビートルズへのトリビュートということでカバー曲を2曲収録。Parasites のどこか懐かしいメロディは、ビートルズからの影響なのでしょう。他にParasitesの渾身の大名曲の「Love Me Too」を収録。これは人間の弱々しい感情が満ちているような名曲。3rdアルバムでも再録バージョンで聞けますが、こちらの方がチープで涙が出てきます。もう生きるのに精一杯って時に心の支えになるはずです。きっと。


PARASITES  PARAMANIA!7inch
parasites-paramania.jpg1991年のShredder Recordsからリリースの7inch。この頃のリリースラッシュは凄いと言わざる得ないと思う。やっぱ人気もあったんだろう。このシングルでは「When I’m Here With You」とカバー曲の2曲「Die Trying,Both Sides Now」の合計3曲を収録。3曲ともアルバムでバッチリ入っているので、ご安心を。タイトル通りParamaniaの人はゲットしましょう。


PARASITES  Letdown7inch
parasites-letdown.jpg1992年のShredder Recordsからのリリース。Parasitesの大名曲「Letdown」とカバー曲「Reason For Treason」の2曲収録のシングル。「Letdown」は4thアルバムでも聴けますので、ご安心を。涙を誘う至極のメロディに感動すること間違いないですよ。この曲ではFastbacksKurt Blochがリードギターを弾いており、その長い変態ギターソロも有名です。


PARASITES  Something To Hold Onto7inch
a696c65b.jpg1993年のSlumberland Recordsからの2曲入りシングル。「Something to hold onto」とカバー曲の「Suzanne」が収録。僕がレコードを聴くようになってすぐに入手した音源でもあり、思い出深い1枚。イントロの単音ギターリフは、いままでも色あせることなく最高にカッコ良い。シンプルでいて奥が深い感じ。Parasitesファンでこの曲を一番の名曲に挙げる人は少なくないようですよ。でも僕は「Love Me Too」ですかね。


PARASITES  I Almost Loved You7inch (Split Beatnik Termites)
b373b954.jpg
1995年のJust Add Water RecordsからSplit 7’。それぞれ1曲ずつの収録。Parasitesは「I Almost Loved You」で青春度高い疾走感あるポップパンクを披露。イントロで焦らしながら、これぞ90年代中期と言いたくなるようなポップにハネるドラムへ。サビのア~もヒット曲ならではのサビですね。アルバムCompostで聴けるのでご安心を。対するBeatnik Termitesはしゃがれた独特のボーカルが印象的なサーフポップパンクバンド。

 
PARASITES  Burnt Toast7inch
095a786a.jpg1995年のJust Add Water Recordsから全3曲入りシングル。例によってParasitesオリジナルの1曲に加えて、2曲のカバー曲が収録。カバー曲の「What a Day」が名曲すぎます。原曲はわかりませんが、悲しみが渦巻いた単音ギターがセンスありすぎです。このようなシンプルでも感情を揺さぶる単音リフって凄いですよ。こちらもアルバムCompostで聴けるのでご安心を。


PARASITES  Top Secret」 7inch
e21e392f.jpg1996年のRocco Recordsリリースの名盤シングル。A面の「Top Secret」は、90年代ポップパンクのお手本的な曲だと思ってます。ギターをミュートできざみながら、ハネるバスドラ。サビのシンプルさとコーラスもバッチリ。大学時代コピーしてました。B面のカバー曲はシカゴのポップパンクバンドWinepressのカバー。原曲より疾走感あって、これもセンス良すぎです。

 
PARASITES  No Martyr7inch
9ef56947.jpg1997年のスペインのMunster Recordsからのシングルですが、すでにリリースされたSomething To Hold Ontoの再発シングルの位置づけ。カバー曲で「No Martyr」が1曲追加されて、あとは「Something to hold onto,Suzanne」が収録。でもにジャケットに惹かれます。



PARASITES  Hang Up7inch
be381b9d.jpg1997年のLookout Recordsからの7inch。後期Parasitesが堪能できる1枚。2ndアルバムCrazy3rdアルバムPairの頃と比べると、より90年代のパンク色が強くなった作品で、現在のParasitesに通じる音楽性だと思います。90年代のポップパンクでありつつ、哀愁の要素は織り込んでおり、進化していると感じます。「Hang Up」名曲!



 

拍手[0回]

PR

COMMENT

Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
モリー
性別:
男性
自己紹介:
感想、意見があればこちらまで
michipop68@yahoo.co.jp
お願いします。

アクセス解析

カウンター

<<HOWITZER  | HOME |  JOLT>>
Copyright ©  -- Operation Empty  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]