忍者ブログ

Operation Empty

ありきたりな好きな音源感想紹介のブログ。 メロディック/ポップパンク/イーストベイ/UKメロディック中心。                                      ディストロは画面右側のリンクから!                                                          since 2007 1.27

   
カテゴリー「レビュー」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

THE BUSHMEN

THE  BUSHMEN
緊張感あるシリアスな雰囲気でありながら、エモーショナルなポップ要素が素敵なフランスのバンド
http://www.myspace.com/thebushmenthebushmen


Bushmen / Green House Split 7
7276207b.jpgフランスのエモメロディックパンクのThe Bushmen1995年リリースの2nd Split 7です。僕のBushmen との出会いはLollipop Records V.Aで、その収録曲で衝撃を受けたわけですが、その曲は2nd アルバムの曲でした。本作は初期の作品なので、まだ内容は面白くないです。Bushmen が解き放つエモーショナルなポップさはなく、暗くて疾走感もないタルい曲に仕上がってました。Green House もあまり好きではありませんでした。残念。

Bushmen  QuietCD
edb6dbad.jpg
1997年の4曲収録の作品。初期の7inchを全て持っていないのですが、この作品でその後の彼らのスタイルは出来上がっているような気がします。シリアスなロックに、さわやかなポップさを織り交ぜる感じ。その爽やかさの中にも、若干の暗さを感じます。僕の中でも曲によって好き嫌いがはっきり分かれるバンドですが、このバンドのエモポップソングはすごく好きですね。本作の2曲目「Fashion」がめちゃくちゃ良いです。

Bushmen  Life's hardCD
dccbe683.jpg
1998年の12曲入り1st アルバム。路線は前作の延長線上。8曲目の「Quiet」が、静と動を使い分けたメロディックパンクでめちゃくちゃカッコイイ!はじめて聞いた時に「なんか聞いてことあるかも」と錯覚に陥ったので、ある意味にベタな曲なのかも知れませんが、いい曲です。他にも2曲目「Charlrs Pays No More」もカッコいい。イタリアのEversor とは声質が全然違いますが通じるようなものがあると思います。エモメロディックも最高。

Bushmen  Watching neihboursCD
e0a33bed.jpg2000年のBushmen 2nd アルバム。彼らの音源の中で最高傑作だと思います。まず1曲目「Euro Tango」からさわやかダークなエモーショナルポップソングをぶちかましてくれます。間奏の気だるさから一気に加速してくれるのがステキ。3曲目「8 a.m.」の疾走感もたまりません。イントロでギターのコード1つかき鳴らしている間にベースは動いていく。カッコイイ手法ですな。6曲目「Estony Wine」も爽やか過ぎて、空飛んでる感じ。カッコ良し!

Bushmen  War And SodaCD
1af59bd9.jpg2006年の7曲入りミニアルバム。シリアスな緊張感でエモーショナルさを表現しているような曲が多いです。曲展開もメロディも簡単に予測できるようなものでなく、裏切ってくれます。ここがBushmenの良いところでもあると思いますが、僕が期待してたエモポップパンク要素があまり感じれないというのが正直残念なところ。7曲目は聴き易いですが、やっぱBushmenは、まずは2ndアルバムから聴いてみて欲しいです。

 

拍手[0回]

PR

プロフィール

HN:
モリー
性別:
男性
自己紹介:
感想、意見があればこちらまで
michipop68@yahoo.co.jp
お願いします。

アクセス解析

カウンター

<<前のページ  | HOME |  次のページ>>
Copyright ©  -- Operation Empty  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]